Loading...
ブログ アクセスアップ対策室というブログを立ち上げました。

当ブログは様々なアクセスアップの方法をご紹介していきます。

アクセスアップSEOの匠として、インターネット歴は国内では初期の頃からの実績を経験しています。

初心者から中級者・ベテラン層までの技術や最新SEO対策を紹介していきます。

SEOとは 検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略。
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英:サーチエンジンオプティマイゼーション、SEO)とは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。

また、その技術。サーチエンジン最適化とも言われる。
英語の "Search Engine Optimization" の頭文字を取ってSEO(エス・イー・オー/セオ)とも言われる。

つまり、SEOとは
”常にライバルサイトよりも 【1ランク上に検索上位表示】 出来れば好い”わけである。
SEO 被リンクビルダー

2009年09月02日

Twitter ”を”始めてみました。

前前から気になっていたTwitterを始めてみました。

最初は 元六本木の社長 のTwitterに興味が有って、何気に投稿記事やフォローなどを吟味・・・

姉妹サイトの検索の達人にこれまたTwitterを付けられないものかと・・・いろいろとスクリプトを眺めていて★!

これが無事に解決しそうです。

ヒントのサイトは・・・秘密です。^^でも結構効果があるみたいなんです。軒並み上位表示しています。そのサイトの被リンクを辿ったら、今回の経緯に行き着いた訳ね。


で、何がスゴイと言うとこと Twitter のページランクをご存じの方、それもルートでドメインアドレスが。

驚くことに、被リンクが付けばいやまたこれ、スゴイ^^;って

チャンとその対策は神Godならでは、すでに対応済かと推測していますが・・・


でも、チョット現在実験検証しています。


少し変わったこのTwitterは間違いなく web2.0 の恩恵を受け継ぎながら今後はリード役を担うでしょうね。


さすが、風雲児のホリエモン。スゴイ。

彼の凄さは、そのイマジネーションとコミュニティツールのずば抜けた先見性です。

ブログ(ウェブログ)やスカイプ(インターネット電話)もさることながら彼が火をつけたのは言うまでもありません。


SEOを目指す人は、この Twitterを征するといいかもYO!


現在稼働中!
ブログ アクセスアップ 対策レポート【SEOの匠】
http://twitter.com/SEO_TAKUMI


Twitterとは

“Twitterとは”出典 ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/Twitter

Twitter(ツイッター)は、個々のユーザーが「キーワードを含んだつぶやき」を投稿することで、キーワード検索によりコミュニティが自然発生するコミュニケーション・サービス。

Obvious社(現在のTwitter社)が開発し、2006年7月にサービスを始めた。日本語版「Twitter Japan」は2008年4月から開始されている。



概要とその使い方


Twitterはブログとチャットを足して2で割ったようなシステムを持つ。 各ユーザーは自分専用のサイト(ホーム)を持ち、「What are you doing?(いまなにしてる?)」の質問に対して140文字以内でつぶやきを投稿する。つぶやき一つ一つはブログのエントリに相当し、つぶやきごとに固有のURLが割り当てられる。

ホームには自分のつぶやき以外に、あらかじめ登録した知人など他者のつぶやきもほぼリアルタイムに表示される。このつぶやきの一覧を「タイムライン」と呼ぶ。例えば「ビールが飲みたい」というつぶやきに対し、それを見て賛同した知人が応答することで、メールやIMに比べて「ゆるい」コミュニケーションが生まれる。

つぶやきの投稿や閲覧はサイト上で行うほか、便利な機能を備えた各種のクライアントソフト、クライアントウェブサービスが公開されており、それらを利用して行うことも出来る。

スポンサード リンク
posted by SEOPRO at 17:38 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ日記| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

ああ勘違い・間違いだらけのSEO【ドネーションウェアに学べ】

間違ったSEO

今回グーグルがとても好い情報を公開しています。

グーグルのWebmaster Central 日本版 公式ブログでグーグル自体が公式に間違った手法やその概念を正式に公開しています。



Google のインデックスやランク付けなどに関する、10 の誤解

2009年8月26日 | 16:00

ウェブサイトを立ち上げると、自分のサイトが検索エンジンにどのようにインデックスされ、ランク付けされているのかが気になる方も多いでしょう。ランク付けをあげるために、たとえば、ウェブページやメタタグに、検索に利用されるであろうキーワードを詰め込むとか、無数の検索エンジンやディレクトリ型検索エンジンへの登録を試みるなど、試されたことありませんか?

本日は、去年の秋に開催された Live chat のイベント(英語) で、サーチクオリティチームの John Mueller が紹介した、「Google のインデックスやランク付けに関する、10 の誤解 」というプレゼンテーションを元に、これらの誤解について、解説したいと思います。


筆者も常に検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)は内部要因(主要キーワードやタグ、内部リンクなど)や外部要因(発リンク、被リンク、検索エンジン登録、キャッシュ率など)など、過去からの経験を元にしていろいろと思考しています。


その大まかな要因10(グーグル発表)

誤解 1: サイト内に 重複するコンテンツ があるとペナルティを受ける
誤解 2: HTML と XHTML を混ぜて使用するとウェブマスターツールの認証に失敗する
誤解 3: 検索結果におけるサイトの評価を高めるためには、何千もの検索エンジンや登録サイトに登録されることが重要だ
誤解 4: AdWords や AdSense, Analytics を利用すると、サイトの評価が上がる、もしくは下がる
誤解 5: 重要なキーワードは、重要なページの重要な場所に出来る限りたくさん詰め込んで、そのページが他のページよりも価値があることに、検索エンジンが気付くようにしたほうがいい
誤解 6: XML サイトマップ を使うと、サイトのランク付けが下がる
誤解 7: PageRank は、もはや意味を持たない / PageRank がすべてだ!
誤解 8: サイトの URL は定期的に Google に登録 しなおす必要がある
誤解 9: 一度ランク付けがあがったら、もうサイトに手をつけないほうがいい
誤解 10: 正しい (X)HTML の記述は、サイトのランク付けを上げる

Webmaster Central 日本版 公式ブログ 引用


しかし、ヤフーでもグーグルでも、帝王のマイクロソフト率いるBingでも、基本的なことは皆同じです。

つまるところ、正しくて極めて正確性または信憑性の高いよい情報や人々が歓びを懐くコンテンツ、将来性フィーチャリング、個人の個性的なコンテンツ(常識内)など、正しく楽しくインターネットライフ(ここではブログなどを書く楽しさ)が最も人が必要とする物では無いかと思っています。


その為にはブログ(ウェブログ)の意味を理解して、日々の更新が最高のSEOだと思います。


この記事を書いている時にふと思い出したこと。

それは、記事には関係のない話題かも知れませんが、過去パソコン通信時代の時の事。

フリーソフト、シェアウェア、メールウェア、ドネーションなんて言葉を思い出しました。
(ドネーションウェア (donation ware)・フリーソフトを使わせてもらう時の最低のマナー、それは作者へのバグフィックスや使用感想などの使い勝手の報告)

ウェブの閲覧時でもそれは同じように感じます。滑稽かもしれませんが・・・

上記のキーワードを紐解けば、あるルールや法則が見えるはずです。:)


多くのアクセスを集めるウェブオーナーは皆この法則に沿ってインターネットライフを楽しんでいます。:-)


スポンサード リンク
posted by SEOPRO at 12:20 | 🌁 | Comment(0) | アクセスアップ日記| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[閉じる]
ようこそ!ブログ アクセスアップ 対策レポートへ!!
さまざまなアクセスアップの方法・応用をレポート方式で紹介しています。
ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
ネットランナー トシがゆく
インターネットの中で進化し続けてきたネットランナー、トシの公開日記!!
ネット生活日々を模写するメルマガ

登録  解除
*メールアドレス


★プロローグ


[PR]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。