Loading...
ブログ アクセスアップ対策室というブログを立ち上げました。

当ブログは様々なアクセスアップの方法をご紹介していきます。

アクセスアップSEOの匠として、インターネット歴は国内では初期の頃からの実績を経験しています。

初心者から中級者・ベテラン層までの技術や最新SEO対策を紹介していきます。

SEOとは 検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略。
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英:サーチエンジンオプティマイゼーション、SEO)とは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。

また、その技術。サーチエンジン最適化とも言われる。
英語の "Search Engine Optimization" の頭文字を取ってSEO(エス・イー・オー/セオ)とも言われる。

つまり、SEOとは
”常にライバルサイトよりも 【1ランク上に検索上位表示】 出来れば好い”わけである。
SEO 被リンクビルダー

2009年01月06日

SEOの匠達に意外と語られていない相互リンク集やリンク先の 404 NotFound リンク切れの恐怖

SEOの匠達が意外と語られていない相互リンク集やリンク先の 404 NotFound リンク切れの恐怖

コレを意味するものは何か・・・ズバリ、、、検索エンジンクローラー達が一番いやがるもの。。。


ココで問題!


【あなたが今日、久しぶりに訪れたお店・楽しみにしていたお店】に出向いた際に、ドアに”404 NotFound”って張り紙がしてあったら・・・あなたはどう思いますか。


クローラーロボット達も同じ気持ちになるのです・・・。


SEO対策の致命傷・・・ずばりリンク切れが極悪って知っていましたか?


404 NotFound
404 NotFound
Yahoo!が「404」エラー?GIGAZINE)

「404」のショックをやわらげるエラーページいろいろGIGAZINE)

本日レポートを掲載提供しています。

【無料レポート】

あなたの相互リンク集の掲載サイト・・・
本当に大丈夫ですか!

404 Not Found を撲滅せよ!

相互リンク先の有効被リンクを一括チェックする方法

SEO効果の高い相互リンクをしよう!

レポートから一部抜粋



だから、検索エンジンからもSEO対策上最もペナルティの高いものがこの404 Not Foundリンク切れなのです。
(ちなみにヤフーカテゴリ登録する際に、このリンク切れがある場合はその他のコンテンツがどんなに素晴しくても登録審査にパス出来ません)

つまり、それだけに最重要視されているのです。

(2)リンク切れの概念とチェック
本レポートの最重要項目がこれです。
まずリンク切れとは何かをウィキペディアから引用すると、

リンク切れ(リンクぎれ)とは、リンク先のHTTPステータスコードが404 Not Found等でアクセスできなくなっている状態を表す言葉。

元来は俗語、インターネットスラングのひとつであったが、インターネットの普及が進むにつれて広く使用されるようになり新語辞典に掲載される等、一般的なインターネット用語となってきている。

リンクが切れているという主語+述語の形で表すこともでき、『リンク先の使用期限が切れている』、若しくは『リンク先との繋がりが途切れている』といった意味から来た言葉と推測される。

広義ではリンク先が閉鎖している(閉鎖を知らせるページがある)場合にも用いられる。

なお英語ではDead link(死んだリンク)とされ、日本でもそのままデッドリンクと呼ぶことがある。

出典:ウィキペディア

この中で一番怖いのが、Dead link死んだリンク)の部分です。

実はこのDeadLink(404 Not Found)こそ検索エンジンから見たSEO対策上では最もレベルの高いペナルティって・・・知っていませんよね。^^;

だからこのレポートを作成したのですが・・・(SEOの匠)

インターネットでの基本概念は先にご紹介したとおり、ハイパーリンクを基本的な概念と位置づけています。

まずコチラの画像・・・・


あなたのその相互リンク集やリンク先・・・”本当に大丈夫ですか!


レポートはコチラから
相互リンク先の有効被リンクを一括チェックする方法

スポンサード リンク
posted by SEOPRO at 20:24 | Comment(2) | コラム| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

日本はお上の国!だからバンドル アクセスアップ対策レポート

ヤフードーム

アクセスアップの方法の一つにポータルサイトオーソリサイトからのトラフィックがあります。

初心者のための宇宙語解説^^;

オーソリティサイト
オーソリティーサイトAuthority site)とは、権威あるサイト、非常に重要性が高いサイトのことを言います。

トラフィック
トラフィックとはネットワーク上を移動する音声や文書、画像などのデジタルデータのこと。ネットワーク上を移動するこれらのデータの情報量のことをさすこともある。

つまり
トラフィックはアクセス全体を指すのと同時にデーターの量など
ポータルサイト【portal site】
インターネットの入り口となる巨大なWebサイトのこと。

検索エンジンやリンク集を核として、ニュースや株価などの情報提供サービス、ブラウザから利用できるWebメールサービス、電子掲示板、チャットなど、ユーザがインターネットで必要とする機能をすべて無料で提供して利用者数を増やし、広告や電子商取引仲介サービスなどで収入を得るサイトのことをいう。

Yahoo!やExcite、Infoseek、Lycos、gooなどの検索エンジン系のサイトや、Netscape Communications社やMicrosoft社などのWebブラウザメーカーのサイト、AOLやリクルート、Walt Disneyなどのコンテンツプロバイダのサイト、So-netやBIGLOBE、ニフティなどのネットワークプロバイダのサイトなどがそれぞれ強みを生かしながら激しい競争を繰り広げている。

では、昔はぜんぜんショボかったYahoo!が、今でこそ皆が、Yahoo!、ヤフー、Yahoo!カテゴリ、、とか言われる地位を築いて行ったか!と言う背景を・・・

昔パソコンがまだ国内に普及するまえに、NECや富士通、東芝、ソニーなど(主力はNEC)の各企業が販売するパソコンのインターネットブラウザ(通常マイクロソフト・インターネットエクスプローラー※Microsoft Windows95から正式採用 それ以前はネットスケープが一般的でした。)のオープニング(一番最初に表示される画面)は、各パソコンメーカーのホームページが通常でした。

Yahoo!はここに目を付けて、パソコンユーザーが検索する時にYahoo!JAPANのトップページが表示されるように、各メーカーと※バンドルした背景があるのです。
バンドルとは
ある製品に別の製品が付属して販売、あるいは配布すること。
パソコンを「買ってすぐ使える」状態で販売するために、あらかじめOSやアプリケーションソフトをインストールしておくことなどを指す。

だから、パソコンユーザーは知らず知らずの間に検索エンジンは、Yahoo! これが一般的になっていきました。

ここのサイトに当時の事が掲載されています。
私がネットに初めて触れたのが96年、同年Yahoo! Japanのサービスが始まりました。
当初は検索というよりはリンクサイト、「カテゴリ」は最重要項目、というかそれしかなかったんですよね。

ちなみに当時のYahoo! Japan はこんな感じ。

1996年のYahoo! Japan
1996年のYahoo! Japan
なんとも感慨深いものがあります。

出典引用 いしかわや日誌 秋刀魚とYahoo! Japanの歴史

沿革
1996年4月 - 国内初の商用検索サイトYahoo! JAPANが4月1日15:20にサービスを開始。
出典 ウィッキペディア

Yahoo!JAPAN ありがとう10周年


出典 IT用語辞典
http://e-words.jp/

スポンサード リンク
posted by SEOPRO at 10:42 | Comment(0) | コラム| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[閉じる]
ようこそ!ブログ アクセスアップ 対策レポートへ!!
さまざまなアクセスアップの方法・応用をレポート方式で紹介しています。
ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
ネットランナー トシがゆく
インターネットの中で進化し続けてきたネットランナー、トシの公開日記!!
ネット生活日々を模写するメルマガ

登録  解除
*メールアドレス


★プロローグ


[PR]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。